何者になろうとするの、やめました。

に自分は何者かになろうと考えてきた。

 

自分はこれが得意だから、この職業に就こう。

 

とか

 

これに情熱を感じるから、この道のプロを目指そうなど。

 

でもそうやってると結構視野が狭くなってくるなと最近気がついた。

 

 

 

だからもう自分が何になりたいとか、

 

どういう道に進もうとかあれこれ考えずに、

 

とりあえず目の前のワクワクすることに

しっかりと取り組みながら考えていこうと思う。

 

 

 

別に好きなことしてそれを極めなければならないこともない。

 

 

自分の情熱の方向に

自分の身を委ねて生きていく

 

 

最近読んだホリエモンの「多動力」にも

 

``一度深くまでハマり、あっさりと次へ移る。これからの時代はそうやっていくつも80点を取れるものを持っているほうが強い。``

 

``サルのようにハマり、鳩のように飽きよ。``

 

と述べていた。

 

 

コツコツと堅実に時間をかけて、

忍耐強く何かを極めるという精神は

今の急速に移り変わる社会では時代遅れになりつつあるのではないか?

 

頑張ろう!と無理して自分に鞭打っている時点でアウト。

 

好きなこと・ワクワクすること・情熱を感じることに対して、

頑張る、努力、忍耐は一切不要。

 

 

 

目の前のことに真剣に、主体的に行動していれば、

必ず次の扉が開くから。