何かしなければならないという強迫観念

 

は常に何かしていないと気が済まない。

本を読んだり、カフェや図書館に行ったり、映画を観たり、散歩したり、ブログを書いたり、YouTubeを観たりして平凡な一日を終えていく。

隙間時間には常にYouTubeやFebeで音声を聞いたり、音楽を聴く。

 

 

でもそれらは無意識に「何かしなければならない」という

強迫観念に襲われているからでもある。

 

 

常に何かしていないと落ち着かない。

 

時間がもったいない。

 

何だか時間を無駄にしている感じがする。

 

何かしていないとウズウズする。

 

 

 

だから隙間時間を無理やり埋めようと何かしらする。

 

 

こんな気持ちになるのは僕だけではないはず。

 

f:id:takAndre213:20170801172805j:plain

 

でもこういう非生産的な時間を受け入れて、

自分と向き合う時間も大切なんだなと思う。

 

 

 

 

人間には本来は

「~するべき」

「~しなければならない」

「こうあるべき姿」

 

なんてものはない。

 

 

だから情報の洪水から一旦距離を置いて、

自分に

「好きに生きていい」

という許しを出そう。

 

 

そうして自分を解放していくことで、

今までどれだけ自分で自分を縛っていたか、

周りから洗脳されてきたかがよくわかる。

 

一旦ゼロベースになって自分と向き合ってみよう。