反出生主義

今、社会問題として話題になっている

少子化

 

でも僕はこの少子化については

別にいいことではないのかな。

 

なんて思うことがある。

 

 

 

なんだか最近は生きてる意味

なんてものを考えたりするんだけど、

 

 

 

こんな苦しみや悪に満ちた地球に、

ピュアなかわいい子供たちを

産み落とすこと自体がな感じがする。

 

 

 

ブッダもこの世は四苦八苦であり、

苦しみに満ちていると言っている。

 

f:id:takAndre213:20170801014115j:plain

 

四苦

生・・・生きる苦しみ

老・・・老いる苦しみ

病・・・病気の苦しみ

死・・・死ぬ苦しみ

 

 

 

八苦

求不得苦・・・お金・地位・名誉を求めるが手に入らない苦しみ

怨憎会苦・・・悩みや憎しみを抱いてしまう人と出会う苦しみ

愛別離苦・・・愛する人別れなければならない苦しみ

五蘊盛苦・・・心身を思うようにコントロールできない苦しみ

 

 

 

 

まあよくこういう苦しみから何かを

学ぶために地球に生まれてくるとか、

 

魂の修行に自らの意思で来た。

とかよくスピリチュアルではいうけれど、

 

 

 

何だかしっくりこない。。。

 

 

 

 

 

僕も少し前までは結婚はして子供は絶対欲しい!

なんて考えていたけれど、

それは自分中心で物を考えていた。

 

 

 

結婚なんてたかが人間が作った社会システムであって、

それに従わずに生きたって何も問題はない。

 

 

 

子供が欲しいなんて無責任なこと言って、

これ以上、純粋な子供たちを汚したくない。

 

そして何よりこの腐敗した地球で苦しみを味わって欲しくない。

 

 

 

空想に聞こえるかもしれないけれど、

今の僕は割と本気な考え。

 

 

 

そんな考えを持ち始めて、調べていくとやはり

似たような考えを持った人は昔からいた。

参照程度にどうぞ。→ 反出生主義 - Wikipedia

 

 

 

確かに幸福感を感じるためには、

苦しみという極を感じないと味わえない。

 

 

 

でもこうやってエゴが渦巻く

「地球」で味わう苦しみというリスクをとってまで幸福感を得ようと

来るところでもないと思う。笑

 

 

 

 

別にこんな記事を書いてるからって

 

僕本人は自殺願望なんてない。

これからも生きるということを全うする。

 

 

でも最近の僕は

この嘘やコントロール、不平等や権力、

金などで動いている世界には正直もううんざりしている。

 

 

だから笑顔を浮かべてはしゃいでいる赤ん坊や子供たちを見ると、

とても癒されるとともに、

これからこの世界の闇に洗脳されていくのかと

やるせない気持ちになってしまうことがある。

 

f:id:takAndre213:20170801014700j:plain

 

本当に余計なお世話だな(笑)

 

 

 

 

まあこの今の自分の考えも移り変わるのかな。

とりあえず記録として書き残しておく。