流れるように生きる。

老子の教えの中に

 

無為自然

 

という言葉がある。

 

これは

 

人の手を加えないで、

何もせずあるがままにまかせて生きる

 

という意味。

 

 

 

 

人間は唯一、脳を使って思考し、

あれこれ考えて生きるから、

 

物事がうまくいかないことに

悩み、執着し、苦しむ。

 

 

 

 

他の動物や植物を見てごらん。

 

ただ、僕たち人間のように損得勘定で動いたり、

物事にプラスマイナスの解釈をつけて、

過度に喜びもせず、

苦しみを引きずることもない。

 

 

腹が減れば、それを満たすために狩りに出て、

眠くなれば眠る。

子孫を残そうとセックスをする。

 

 

 

彼らは

 

ただ、存在する。

 

そこに、在る。

 

 

人間は

〇〇をしておいた方が後々役に立つんじゃないかな?

今は我慢しなきゃ・・・

こういう人間にならなければならない!

 

 

なんていう思考から、観念を作り上げ、

 

それに見合わない現実と

自分の本能とのギャップに苦しむ。

 

 

 

別にいいんですよ。

好きに生きて。

 

 

 

人間くらいじゃないのかなこんなに悩んでいるのは。

 

 

 

動物たちからしたら、

人間たちは何をそんな考えてるのかいな・・・・

と思っているんじゃないかな。笑

 

 

 

でもこの思考があったからこそ、

ここまで人間は進化・成長・そして発展できた。

これには感謝してもしきれない。

 

 

 

でもね。

 

 

 

あれこれ考えてばかりで、

 

魂をすり減らした生き方

 

はもう止めません?

 

 

 

 

TO DOリストなんていらない。

 

 

そんなもの

 

 

TO WANTリストに作りかえてしまおう。

 

 

 

もっとあるがままに、地球のリズムに乗って、

 

自然の流れと調和していきよう。

 

 

もっと直観にしたがってください。

 

そういう生き方をしても実は大丈夫なんですよ。

 

知らなかったでしょ?

 

f:id:takAndre213:20170727153549j:plain