損得勘定を求めない

をするにもこれは儲かるのか、

ビジネスの力が付くのか

などと常に考えながら人生の選択をしていた時期があった。

 

 

お金稼ぎを否定したいわけではないけれど、

東京に住んでいると、

 

「稼ぐ」「経済的自由・時間的自由」「成功」

 

なんて言葉を嫌というほど目にする。

 

f:id:takAndre213:20170714134421j:plain

 

 

 

 

僕は正直そんな言葉には飽き飽きしてしまった。。

 

 

だって

成功といっても人それぞれ価値観が違うわけであって、

価値観が違えば幸福感も異なるんだから。

 

 

にもかかわらず、

世間はいわゆる「成功のモデル」を

あらゆるメディアや教育を駆使して庶民に刷り込む。

 

 

 

そして刷り込まれた人間は今の現状と

その万人に当てはまるわけでもない

「成功のモデル」とのギャップに劣等感を感じる。

 

 

 

なんだか悲しいな。

 

 

 

人生=利益

人生のゴール=お金持ちになる

 

 

 

こんな生き方は人間じゃないと思う。

 

ただの資本主義の奴隷思考ではないか?

 

 

 

 

そもそも

 

「~すべきこと」 「こうあるべき姿」

 

 

本来こんなものは存在しない。

 

 

だから

 

もっと自分の心に従って生きて、

自分なりの幸福を追求する。

 

 

僕はこの人生でこういう生き方を

実践してみようと思う。

 

 

これを決断した時、一般的に言われる

「社会のレール」から外れた瞬間であった。

 

 

ある意味で人生をかけた人体実験。。

 

さあ人生の最後に笑うのはどちらなのだろうか?笑

 

楽しみですな!