SNSは僕にとってエゴの塊であった

はある日をきっかけに

あらゆるSNSのアカウントを削除した。

f:id:takAndre213:20170713233416j:plain

 

なぜなら今までを振り返って自分の投稿は

 

「〇〇をしている自分の行動、思想を

 自慢したい・羨ましがられたい」

 

などの下心を持ちながら

投稿していた自分に気が付いてしまったからだ。

 

 

いいね!の数やコメントに対して浮き沈みをしたり、

心を乱されるのはもう馬鹿馬鹿しい。

 

 

SNS上でつながる人が増えれば増えるほど、

「自分は見られている」という自意識が膨れ上がり、

自分本来の気持ちが表せなくなってしまった。

 

 

また、他人の投稿を見ることで自分と比較し、

不快な想いを抱くのもエネルギーの無駄だと思った。

 

 

しかしいざアカウントを削除する時には、

繋がりがなくなってしまうことに対する

執着心が出てきた。

(特にフェイスブックは)

 

 

 

でもネット上がすべてではない。

 

今後会うべく人は自然と引き寄せられるだろうし、

 

本当に会いたい人は何とかして連絡手段を考え付くと思う。

 

とりあえずこのSNSを手放したことに後悔はない。

 

自分を大きく見せる必要もないし、

 

他人と比較する必要もない。

 

 

これに気が付けたときとても心が楽になった。