思考は現実化してしまう。

最近自分がイメージすることが すぐに何らかの形で自分の目の前に現れて来る。 望むことも、望まないことも。 意識がそこに向かえば向かうほど、 そのイメージ(思考)が現実化する。 〇〇が起きてほしくないと意識して、 イメージをし続けてしまうと それは…

岡山英語村 nano village

今、岡山英語村というところに来ている。 広大な自然の山奥にポツリとその村はあった。 これから僕はここで約2ヶ月間 ボランティアとしてこの村に滞在することになった。 www.velco-english.com この村の仕組みは、 外国人は無料で宿泊でき、三食(自炊)が…

何かしなければならないという強迫観念

僕は常に何かしていないと気が済まない。 本を読んだり、カフェや図書館に行ったり、映画を観たり、散歩したり、ブログを書いたり、YouTubeを観たりして平凡な一日を終えていく。 隙間時間には常にYouTubeやFebeで音声を聞いたり、音楽を聴く。 でもそれらは…

反出生主義

今、社会問題として話題になっている 少子化。 でも僕はこの少子化については 別にいいことではないのかな。 なんて思うことがある。 なんだか最近は生きてる意味 なんてものを考えたりするんだけど、 こんな苦しみや悪に満ちた地球に、 ピュアなかわいい子…

お気に入りYouTubeチャンネル♪

今回は自分がよく情報収集で 視聴しているYouTubeチャンネルを紹介。 別に個人的に直接繋がりがあるわけではなく、 純粋に皆さんにおすすめしたいのでここに記録しておきます。 ではどうぞ~(^_^) ① www.youtube.com この方は引き寄せ、スピリチュアルな面か…

洗脳の世界

世の中には 洗脳が蔓延ってる。 政治、経済、教育、ビジネスなどなど 上が情報をコントロールして、 全く異なった情報を刷り込み、 弱者から搾取する。 これが現実の世界。 そういえばこの本→ を最近読んで思い出した。 僕も実際、 ビジネス系の商材を上手に…

幼き僕の精神を蝕んだ強迫性障害の記録

振り返りたくない過去だが、これを浄化しなければ次の自分には進めない気がする。 しっかりと自分と向き合う。 【自分の性格】 心配性・やや完璧主義・やや潔癖症・好奇心旺盛・飽き性・こだわりが強い 【経緯】 ・小学生高学年時(5~6年生)に始まる。 ・友…

強迫性障害でした。

自分の小学校の頃を振り返ると、 正直「地獄」だった。 僕は友達との人間関係に悩み、 他人に暴言を吐いて、暴力を振るったり、破壊したり、盗みをしたりと。 気に食わない相手に対しては 直接的または間接的にダメージを与えて追い込んだ。 その相手を陥れ…

ライフプランって・・・

よくライフプランを立てなさいとか、 キャリアプランをしっかり構築していきましょう! この時代は何となく生きていると危ないですよ。 なんて言葉をよく耳にする。 というか僕はそういうビジネス系のコミュニティで それらを散々刷り込まれた。 そこのコミ…

流れるように生きる。

老子の教えの中に 「無為自然」 という言葉がある。 これは 人の手を加えないで、 何もせずあるがままにまかせて生きる という意味。 人間は唯一、脳を使って思考し、 あれこれ考えて生きるから、 物事がうまくいかないことに 悩み、執着し、苦しむ。 他の動…

断捨離は心の整理術

ここ1~2年をかけて身の回りの物を はたから見たらドン引きされるほど手放した。 いや、家族にはややドン引きされている(笑) ロードバイク、バイク、スケボー、ガラクタ、ゲーム、服、本、マンガ、バック、卒業アルバム、年賀状、思い出の品、手紙、贈り…

趣味・特技?別に無いです

面接、自己紹介、プロフィールで しばしば問われる趣味・特技。 そこで自分を過大評価してもらうために 良さげなワードを並べて自分を偽る。 こんなことを自分はしていた。 こういう趣味を持っている自分が誇らしい。 とか こんな特技ができる、 才能に秀で…

損得勘定を求めない

何をするにもこれは儲かるのか、 ビジネスの力が付くのか などと常に考えながら人生の選択をしていた時期があった。 お金稼ぎを否定したいわけではないけれど、 東京に住んでいると、 「稼ぐ」「経済的自由・時間的自由」「成功」 なんて言葉を嫌というほど…

SNSは僕にとってエゴの塊であった

僕はある日をきっかけに あらゆるSNSのアカウントを削除した。 なぜなら今までを振り返って自分の投稿は 「〇〇をしている自分の行動、思想を 自慢したい・羨ましがられたい」 などの下心を持ちながら 投稿していた自分に気が付いてしまったからだ。 いいね…

はじめまして。

こんにちは。始めまして。 TAKAと申します。 最近自分の日々の気付きを、自分の中で完結させるより、 これを見てくださっている 「誰か」にもこれを共有して 少しでも気付きを与えることが出来ればと思い、このブログを開設しました。 少しずつですが、自分…